2013年10月28日

反対を押し切って離婚したい場合の奥の手とは?

離婚問題に関する相談は、よくある相談の一つです。

今朝ほどいただいた相談は、離婚したいけれども、親族から反対されて話を進めることが難しいけれどどうしたらいいだろうかという内容です。

家族や周囲の人たち、あるいは配偶者の側が簡単に同意してくれるケースは決して多いわけではなく、むしろ、反対される中で離婚を進めることの方が多いのが実情です。
ただ、結婚する時と同様に、離婚するときにも周りの反対を押し切って離婚するのは、心情的にも難しいものがあります。
できれば、周囲の同意をとった上で離婚したいと考えるのは当然のことでしょう。


【反対を押し切って離婚したい時にはどうすればよいか】


反対する人たちの声を押し切って、どうしても離婚したい時には、奥の手を使うしかありません。
経験豊富な恋愛トラップなら、反対の声を押し切るための手段も持っています。何が何でも離婚したいと考えるなら、まずはプロに相談して、過去の事例などの話を聞いてみるとよいでしょう。

成功事例を参考にできれば、自分の不安を払拭することもできますし、スムーズな離婚に向けて、前向きに取り組むことができるようになるはずです。

気軽な気持ちで、電話相談をしてみましょう。

まずは、気軽な気持ちでプロに相談してみましょう。




posted by 恋愛コンサル at 07:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

浮気の怨みを形に変えたい場合

ひどい振られ方をしたあとで、相手に復讐の気持ちが沸き起こる人は少なからずいます。相手が浮気をしていたり、不倫をしていたり、隠れて裏切り行為をしていた時などには、自分の愛情を手玉に取られた悔しさも入り混じり、強い恨みの感情を覚えるものです。

なんとか仕返しをしてやりたいと恨みを抱くのは当然のことと言えるのかもしれません。しかし、復讐をしたくても具体的な方法が思い浮かばないという人も少なくないでしょう。子供じみた方法では、大きなダメージを与えることはできませんし、かといって、犯罪になるような方法では、自分自身が傷つきます。なんとか、うまい方法を考えようとしても、なかなか普通の人ではできないものです。

【怨みを形に変えたいときにはどうしたらよいのでしょうか?】

自分が仕掛けた復讐であることを相手に悟らせず、非合法な方法を使うことなく、かつ、大きなダメージを与えたい。そんな風に考えたときに、もっとも良い方法は、プロに相談することです。復讐の工作のプロは、さまざまなテクニックを持っています。

経験豊富なプロなら、必ずあなたの望み通りの仕返しをして怨みを晴らしてくれるはず。

まずは、気軽な気持ちでプロに相談してみましょう。













posted by 恋愛コンサル at 16:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

10年後も幸せが続く復縁サポートはありますか?

別れてしまったカップルが復縁するのはとても難しいものです。一度別れたのにはそれなりの事情があるわけですので、簡単にはよりは戻せません。情にすがったりして一度は復縁したものの、しばらくすると、やはり破局してしまったというケースは後をたちません。

復縁したなら、復縁した後もしっかりと関係を築き上げ強固にしていく必要があります。
しかし、恋愛とは常に山あり谷ありのもので、運悪く関係が冷えた時に、ネガティブな事件が起こったり、気持ちのすれ違い、言葉の行き違いがあって、決定的な別れにつながるということも少ないないのが実情です。


【10年後も幸せが続く復縁サポートとは?】

復縁を本当の意味で成功させるためには、誰かのサポートを受けると安心です。
ファーストコールなら、復縁したカップルを末永く幸せにしていくためのサポートを提供しています。
せっかく苦労して愛を取り戻したのであれば、復縁サポートを利用するのが良いでしょう。

どんなサポートがあるのか、いつまでサポートしてもらえるのかなど、10年間も幸せがつづくサポートのノウハウについては、気軽にファーストコールに相談してみましょう。

ご相談は こちら まで
posted by 恋愛コンサル at 08:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。