2013年08月08日

些細なことで妻が抱く怨み

<40代男性からのご相談>


40代地方在住の男性です。

50代の専業主婦の妻がつまらないことで怨みをすぐ抱くので困っています。

例えば、最近梅雨明けで暑い季節なので私はよくシャワーを浴びるのですが、それに対して恨まれているのです。

シャワーは朝起きたときに一回、外出から帰ったら一回、庭いじりをして土が体についたら一回、夜お風呂に入るときに一回、それから夜中に寝苦しいのでもう一回くらい浴びます。

その時に下着を着替えるので、洗濯物の干し場がないと言うので妻は怒っているのです。

真夏なので洗濯物なんて1時間もあれば乾いてくれます。

干し場がなければ、分けて干すか、干すためのハンガーを買ってくればそれで解決する問題なのですが、怨みの矛先が私に向かってきて困っているのです。

ちなみにこれは一例で、些細なことに対してすぐ腹を立て、いつまでもしつこく言うのでこちらもいい加減にうんざりしているこの頃です。


回答:


これは一方的に奥さんが悪いです。

専業主婦というものは家事全般、掃除洗濯料理に対しては責任を負うべきで、あなたに対して怒りをぶつけるなどは逆恨みも甚だしいと思います。

最近は給料も振り込み式になり旦那の威厳が低下しているから勘違いをしているのだと思います。

汗臭い旦那が家にいた方がいいですか?
それともシャワーを浴びて小ざっぱりした旦那がいた方がいいですか?
答えは自ずから出てきます。

奥さんの逆恨みに負けずに頑張ってください。

どうしてもお困りならどこかに相談してみるのが良いかもしれませんね。

成功事例や体験事例から解決策を教えてくれるサイトはこちら クリック
posted by 恋愛コンサル at 21:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。