2013年08月04日

正しいよりの戻し方!もう二度と振られないために

将来を誓い合った相手に振られてしまった…
もしもあなたの側に愛情が残っているのなら、これほどつらい状況はありません。
なんとか二人の関係をリカバーすることはできないのでしょうか。

●たとえ失敗しても挑戦することに意味がある

よりを戻そうとすると「もしもまた振られたら?」
そんな不安が頭をよぎることでしょう。確かにそれはとても怖い想定で、
決断が億劫になるのもよく分かります。ただ、何もしないで後悔するよりは、
たとえ失敗しても、挑戦して気持ちに整理をつけた方がずっと生産的。
人生に一区切りをつけるためにも、
自分にできることは最大限、チャレンジしてみましょう。

●闇雲にアプローチしても駄目

恋愛は相手があって成立するもの。自分の都合だけでは前進しません。
常に相手の気持ちを意識し、万が一にも「迷惑」だと思われないように注意してください。
何度も電話したり、いきなり自宅に押しかけたりするのはNG。
まずは「友達」としての付き合いから、節度を持って接するようにします。
現状「もう恋人ではない」ということを念頭において行動してください。

●何が障害になるのか

よりの戻し方は一様ではありませんが、
いずれのケースでも計画性が大切。
何が障害となり二人の仲を妨げているのか、冷静に分析してみましょう。
振られた過去に遡って自分にも責任の一端があるようなら、
改めるべき点は改め、より魅力的な自分を創出します。
もし相手が自分にとって「一生の伴侶」となり得るくらいに大切な人なら、
その努力を惜しむべきではありません。

成功事例や体験事例から解決策を教えてくれるサイトはこちら クリック
posted by 恋愛コンサル at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。